ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ

馬肉イン>>馬肉+イン 店長ブログ[16]

お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

馬肉+イン 店長ブログ[16]

2008年04月08日

え゛ぇぇ〜っ、犬が食用家畜に分類ー!?

これは隣国「韓国」での話しです。
よく、韓国では“犬を食べる”と聞いていましたが、これが事実で実際に年間200〜400万頭の犬が消費されているそうです。
個人的な意見としてはちょっと想像すら出来ませんが・・・。

韓国はこれまで犬の肉を「嫌悪食品」として取り扱いを禁止していますが、消費の歯止めが利きません。
そのためソウル市では犬を家畜に再分類することで、食肉処理の衛生面を確立させようとすることが狙いのようです。
馬肉+イン店長「う〜ん、食品安全基準を定めるということかぁぁ・・」
動物愛護団体との絡みもいろいろあるようですが、彼らにしてみたらそういう日本人こそ“鯨を食べている”じゃないか、という言い分なのだそうです。
馬肉+イン店長「・・・犬と鯨ねぇ〜・・・。」
同等と思えないのはオイラだけかなー。ホント、食文化の違いというものは分からないものですね〜。

By 馬肉+イン 店長

2008年05月25日

ペット保険年々増える犬の登録数。現在の日本で犬を飼われている数が何と!1200万人。

これは5世帯に1世帯の割合で犬を飼っている計算になるのだそうです。
特に小型犬のミニチュアダックス、チワワ等の人気が高く、最近ではペット飼育可のマンション等の激増もあって、6割が室内犬といわれています。そこで問題になってくるのが犬の病気です。
「腎臓病、肝臓病、ガン、心臓病、神経性疾患」等、人間と同じような病気に苦しむ犬が増えているのが現状です。
何故、犬や猫のペットにこのような病気が増えてきたのでしょうか?
それは食べ物(餌)が原因です。

狭いところで飼われてストレス、という意見もあるかもしれませんが、もともと動物は狭いところにお互いくっつきあって寝る修正があるのでこれは問題外といえるでしょう。
即ち、ペットフードです。それを、「その通り!」って後が続かないからなー。
逆に「お前何言ってんだ?メーカーがそんな危ないもの作って売るわけがないだろう〜。」・・・ってね。
まぁ、言って分からない人はペットを飼う資格はないですね。

いずれにしても飼っている犬が病気になったら動物病院に連れて行きますよね。
獣医さんであれば、現代医学の力をもってすれば病気の進行をくい止め、痛みを和らげる事ができます。
が!がぁ〜、それは解決したことにはならないのです。
・・・ところで話は変わりますが、それにしても動物の病院代って高いですよね?
こんなにペットが増えているのに何とかならないものなのでしょうか?

残念ながら、犬には健康保険は適用されません そういうわけで、愛犬の病気に備えた「ペット保険」が 人気を呼んでいますが、マイクロチップを埋め込むことで保険料が割り引かれるなど、そこまでしなきゃならないかなー、と思うのは「馬肉+イン」店長だけでしょうか。
犬もそうですが人間の歯の保健適応範囲も何とかならないもんかねぇ〜。

By 馬肉+イン 店長

ご連絡メール