ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ

馬肉イン>>馬肉+イン 店長ブログ[1]

お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

馬肉+イン 店長ブログ[1]

2005年08月27日

ドッグフードの恐怖

犬との生活が楽しく至福に満ちたものとなる為に最も需要な事は彼らが一生健康であること。
犬が病気になる大半の原因は自らが選ぶ事の出来ない一生食べ続けさせられるドッグフードにある。
仮に人間が毎食ドッグフードを食べ続けたら間違いなく重大な健康障害を起こすし、死に至る可能性は否定出来ない。
このような食事が全てでは無いとは思いますが、しかし人の目で見て解らないのが成分ですよね?
つまり購入するドッグフードの成分表示には、書かれていない部分が問題なのです。

愛犬と長く元気に暮らしたい。そんな方はぜひこのブログを読んで下さい。

2005年08月26日

ドッグフードの規制、安全基準

日本では家畜の食餌に対しては飼料安全法によって安全基準が満たされていますが、ドッグフードに関しては法的安全基準が全くありません。
材料に関して、人間が食べる事の出来ない4Dと呼ばれる肉を使用していることを知っていますか?

4Dとは・・・
Dead(死骸)
Diseased(病気の)
Dying(死にかけの)
Disabled(障害のある)
屠殺場に行く途中で死んだ家畜の肉

家畜は屠殺場に運ばれる際にストレスからと言われていますが、原因不明の死をとげる事があります。
この場合、死亡した家畜は、ドッグフードなどの材料として使用されますので人の口に入ることはありません。
腐りかけた肉や病気の肉を化学薬品づけにした後で高熱処理したもの、特にアメリカでは安楽死させた犬や猫、車などにはねられて死んだ動物をレンダリング工場で肉骨紛にし、メーカーに販売しています。
同時に鳥の羽、くちばし、脚、ふん等が肉の副産物として使用されているのです。
死んでから相当時間が経っているため、サルモネラ菌、大腸菌に汚染されているケースも多いと思います。

簡単にいえば、「人の食べるもの」「化粧品の材料となるもの」などに関しては、安全基準が厳しく設けられているが、ドッグフードなどには、簡単な規制しかかけられていない、或いは、全くないに等しい状態が現状です。
昔の犬は、家庭の食事(ねこまんま等)を食べていても、あまり病気をしなかったものです。
それがなぜ、最近愛犬の癌などが増えるのでしょう?
確かに遺伝的な事もあるかもしれませんが、単に医療が進み発見が増えたからかもしれません。

しかし、もしその原因がドッグフードにあるとしたらあなたはどう思いますか?
ホームセンターで1キロ数百円で買える価格。これ自体おかしいと思いませんか?
ドッグフードにどんな物が入っているかを今考えるべきです。
あなたは1キロ数百円の食事が出来ますか?

By 馬肉+イン 店長

ご連絡メール