ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ

馬肉イン>>馬肉+イン 店長ブログ[14]

お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

馬肉+イン 店長ブログ[14]

2007年10月31日

ペットフードは偽装だらけ!

これがペットフードの実態です。

こんなこといまや珍しいことではなくなってしまいました。
むしろこういうことをした来たことが当たり前だったのでしょうね。
どのフードメーカーはこの程度はしていますからね。
犬を飼っていて信用していたドライフードに偽装があった、何てなると怒りがこみ上げてくるでしょうけど、我々としては驚くことよりもやっと皆さんに分かってもらえたかな?というのが正直な意見です。
何故かといいますと、確かに一番悪いのはそういうことをしてきたフードメーカーですが、一番の問題はCMやパッケージにつられて買っていた消費者だからです。
もうメーカーを追及するのは無駄です。
この法則をきちんと理解しなくてはいけません!

『企業は金儲け!飼っているのはあなた!食べているのはワンちゃん!』

この言葉をよーく、考えながら下記の文章読んで下さい。
そして食べさせていたワンちゃんに「ゴメンね」と謝ってください。

◎ペットフード偽装事件の真相

ドッグフード製造・販売会社「サンライズ」(大阪市中央区)が、看板商品の原材料名について実際には使っていないのに「ササミ」「ビーフ」と表示するなどして販売していたのです。
ペットフードに関しては、規制する法令がありません。
それをいいことに中身をすり替えていたのですね。
現在、農林水産省と環境省が法規制を視野に検討を進めていますがここまできたら人間と同じようにルールを決めて欲しいと思います。

その偽装商品は、「ほねっこ」と「ゴン太のふっくらソフト」です。
ササミと記載して実際は白身魚を混ぜていたのです。
しかも1ヶ月の間に850トン販売していたんですよ!かなりの量ですね。
もう一方の「ふっくらソフト」は、牛肉を使用してもないのに「ビーフ」と表示していたのです。

さぞかし儲けたことでしょう!!

中身は偽者、添加物に薬品まみれ、肉は死んだ動物の肉。
安全なドライフードはありません!偽装がなくても化学物質がてんこ盛り含まれています。
もっと賢くならないとあなたのワンちゃん、癌で死にますよ。

By 馬肉+イン 店長

ご連絡メール