ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ

馬肉イン>>野生の犬について (7)

お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

野生の犬について (7)

DNA

4,000年以上も昔にアジアの舟乗りが犬と共にオーストラリア大陸に渡りました。やがて犬は人間から離れ、自力で新大陸に広がっていきました。
強力なハンターである彼らは有袋類を捕食し、食物連鎖の頂点に立ちました。

その伝説がディンゴです。
何千年もにわたる隔離状態の中で現代の犬の基礎を作ったとも考えられています。犬の祖先を探る最大の手掛かりです。
しかし純粋なディンゴはオーストラリアから消えつつあります。
この300年の間に白人移住者が連れて来た飼い主との間で交配が進んだのです。
その結果ディンゴの純血種は絶滅の危機に瀕しています。

生物学者のディビット・ジェンキンスはディンゴを捕獲し、犬の祖先に関する貴重な手掛かりを守ろうとしています。
森の奥からディンゴの遠吠えが聞こえてくるとワクワクするそうです。
でも、この貴重な動物が失われつつあるのです。

DNA分析すればオーストラリア南部に住むディンゴが飼い犬との交配種であるかはっきりします。
結果次第では本格的な保護対策が必要となるでしょう。
鑑定するには、まずディンゴを捕獲しなければなりません。
ニューサンスウェールズの森に入り捕獲をします。

まず、飼い犬にディンゴのマーキング後を探させ罠を仕掛けます。
ジェンキンスは、ディンゴの排泄物を見つけました。ハリモグラの針が排泄されています。
黒い毛はハリモグラかワラビーのものです。
野生の犬はこうして捕食して生活をしているのです。これらは排泄物で分かるのです。

ディンゴの縄張りに17個の罠を仕掛けました。 ディンゴがやって来て上に乗りオシッコをするはずです。
かつては人間の相棒だったディンゴは野生動物として長い年月を生きてきました。
彼らは犬ではありません。性質が全く異なります。
狩りの腕前は相当なもので、鋭い聴覚と嗅覚を持ち、獲物に素早く飛び掛ります。
遠吠えも独特なのです。

しかし、人間の近くに戻った今、絶滅の危機が高まっています。
純粋な野生種を守るには、生息場所を見つけることが、肝心です。
罠にかかった野生のディンゴを見たところ、この地域によくいる高山性のディンゴのようです。
罠で捕まえた犬は暴れません。ディンゴは形態が不利になると無駄な抵抗はしなくなります。
捕まえたのは元気なオス、3〜4歳でした。 ブチ模様があるので間違いなく雑種です。
オーストラリアにいるディンゴの8割はすでに雑種だと考えられます。
この固体が純粋なディンゴでなくても問題ありません。
生態学的にはディンゴと同じ役割をしています。食べ物も同じです。
耳から採取した血液からDNAを調べ雑種化がどのくらい進んでいるか調べます。

- 野生の犬について ページ番号 -

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10] 

ご連絡メール