ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

野生の犬について (1)

オオカミ

はるか昔に生息していた「トマークタス」というイヌ科動物の祖先から、オオカミやジャッカル、野生犬などに分かれ、独自の進化やオオカミとの交配によってできた犬を、人間が家畜化して犬をつくった、という説が有力とされていますが、決定的ではありません。
犬の起源は謎に満ちているといえます。
ただハッキリいえることは、犬は人間が初めて飼った動物である、ということです。
そして今ではドッグショーが行われ犬の容姿と多様性が競われますが、人間はそうした目的のために、わずか200年足らずの間に300以上の犬種をつくり出しました。

最初の犬とはどんな姿で、いつこの世に登場したのでしょうか?
いま、世界各地で犬の専門家が原始犬の血をひく犬を追い求めて、原始犬の子孫を見つけては絶滅から救おうとしています。
いま原始犬は危機的な状況です。

そこで人間の歴史と切っても切り離せない犬のルーツを探ってみましょう。
犬の起源を理解する鍵は原始的な犬にあります。
原始的な犬とは、何千年もむかしに誕生し、ブリーダーが関与していない自然な姿の犬たちです。
雑種っぽいものや、エキゾチックなもの、いまだに、野山で暮らす犬もいます。

アメリカ南部の森の中では、大昔から野生の犬の群れが生息しています。
現在も広範囲に生息し、アメリカ南部の人里離れた場所でも見かけるそうです。
これらの野生犬は北米最古の犬の子孫だと考えられます。
そうした犬たちは野生の知恵を駆使してたくましく生き延びてきました。

中には人間社会の周辺で暮らしている犬もいまして、サウスカロライナ州の郊外では、
ヤラー・ドッグと呼ばれています。
ヤラー・ドッグとは、生ゴミをあさる野良犬を意味します。

- 野生の犬について ページ番号 -

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10] 

ご連絡メール