ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

脳皮症

犬が痒がっていたら膿皮症かも・・。

馬肉販売 代理店

販売代理店を大募集しています!

あなたのお店宣伝します

ブリーダーさんのお店応援します!

馬肉フードレシピ

馬肉のフードレシピをご紹介します

馬肉業販卸

馬肉の業販卸始めました!お得〜

野生エゾ鹿肉

北海道産 野生エゾ鹿肉はこちら

馬肉店長のちぃ〜といわせてコラム特集[3]

 

馬肉店長のちぃ〜といわせてコラム
鶏肉=アレルギーって本当!?お教え致します♪

当店で販売する地鶏グランプリの準備をしていたとき、取引先が「鶏肉はアレルギーが多いのですが大丈夫でしょうか?」私は獣医ではなく獣医学を学んだ訳ではありませんので断定的にはいえませんが、犬のアレルギーの原因の根本的なことは“化学物質”であると考えています。鶏は他の家畜と比べて小さく出荷日数も早いことから古くから改良を加え、生産性を高める技術が導入されてきました。例えば抗生物質・合成抗菌剤を使用した製造ラインを設けたり、運動させると餌を食べるので羽ばたきが出来ない狭いケージ飼いで飼育しています。しょうーゆこと!そのため鶏の免疫力や組織の機能連関が低下してストレスや病気になりやすくなってきたため餌に投薬するようになってきました。その薬品が鶏を更に弱くするのでまた別の薬を与えます。やがて耐性ができて薬では効かなく鶏になるのです。そういう薬品漬けの安い鶏肉をワンちゃんに与えるからアレルギーになるのです。

 

本年は一方ならぬご愛顧に預かりありがとう御座いました。
来年宜しくお願い致します。

いつも馬肉+インをご利用いただき誠に有難うご御座います。2015年も残すところあと僅かとなりました。皆様(ワンちゃんも)におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。本年は格別のご愛顧を賜り誠に有難く厚く御礼申し上げます。来年もご満足いただける商品をご提供出来るよう誠心誠意努力する所存でございます。今度とも変わらぬご支援を賜りますようスタッフ一同心よりお願い申し上げます。 ありがとう

※本社並びにペット事業部・グループ店舗 年末年始の営業に関するお知らせ※

全店舗の年末年始の営業日につきましては下記の通りお知らせ致します。皆様方にご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解承りますよう宜しくお願い申し上げます。年末の営業は25日(金)17時までとし、年明けは1月7日(木)より通常通り営業致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい。新年も宜しくお願い致します。

 

馬肉インが準備万端整え、機を得て、遂に送り出す
新食材「猪肉」をご紹介致します!!

11年前、国産馬肉の販売を皮切りにエゾ鹿肉、本州鹿、地鶏、カンガルー肉と主食となるものを取扱って参りました。それらはオオカミが食したであろうという前提の元に商品開発を行ってきましたが、実は以前からイノシシにも大変興味を持っていました。何故かといいますとオオカミは鹿同様、イノシシも捕食していたからです。即ちオオカミは個体数増加の密度をコントロールしていたことになるのです。といっても鹿と違い、突進してくるイノシシは簡単に仕留めることは難しかったはずですが、どうしても得る理由があったのです。イノシシ肉にはビタミンB2が断トツに多く、体を温める効果やスレオニン、DHA、EPAが含まれているからです。賢いオオカミはイノシシには他にない栄養素を蓄えていると知っていたのかもしれませんね。でも生食を心配される方がいらっしゃると思います。私もその内の一人です。そこで!

 

牧場〜輸送まで徹底した品質保証プログラムを築き
高品質で安全な商品を保証致します。

これまで馬肉を皮切りに鹿肉、地鶏など愛犬に適した生食を販売して参りました。そして主原料としてはこれらで最後と思っていました。ところが以前から“羊肉”に対して大変興味があり、幾度となく日本国内の生産者にアタックをしていましたが、国内の食用羊肉の供給量が極端に少なく、値段がとても高くその上、良質な肉が手に入りません。逆にオーストラリア産は非常に供給が安定しており、加えて良質な羊肉なのです。価格も国内と比べれば断然安いため本来は国産の羊肉を販売したかったのですが総合的に判断しまして羊肉に関してはオーストラリア産が優れていると判断致しました。但し、オーストラリアは日本と違い1袋が1.2kg〜1.9kgまでバラつきがあり、配送する重量にも多大な影響が生じるため袋単位ではなく、量り売りとさせていただきたいと思いますのでご協力をお願いします。

 

クジラは魚の仲間ではなくて牛に近い?
いうまでもありませんが、クジラは哺乳類の一種です。

日本は有史以前から捕鯨が行われてきており、国際捕鯨委員会の定められた基準の下、調査捕鯨をした食肉をウェブサイトや有名デパートで見掛けます。そこで私共は食肉に向かない部位をワンちゃん用の食材として製品化しました。鯨肉に含まれている「バレニン」は筋肉や耐久力アップ、疲労防止・回復などの働きがあり、鯨のパワーの源ともいわれています。鯨は絶食状態で子育てをし、その後、数千キロも離れた場所に眠ることなく泳ぎ続けるパワーは絶大なのです。これらはバレニンを始めアンセリンやカルノシンの3種類のイミダゾールジペプチド(アミノ酸)が影響していると考えられています。
通常、動物が運動を続けると疲労物質が溜まり休息が必要になりますが、イミダゾールジペプチドは疲労物質である乳酸の蓄積を抑制し、運動機能を維持することが分かってきています。そんな鯨が偶蹄目に分類され、実は鹿や猪、牛などの仲間なのです。

 

!注 購入した商品が届かない!いつになったら
発送してもらえるの?早く送ってもらいたい

当店並びにグループ店から商品をご購入されたお客様で「注文したけど一体いつになったら発送してくれるのだろう。」と思ったことは一度や二度ではないのでしょうか?と、まぁこんな切り出しから入ると「客をバカにしているのか!」とお叱りを受けそうですが決して我々もフザケテいるのではありません。確かにお客様からいただいたご注文は速やかにお届けするのはネットショップに限らず商売の鉄則です。
しかし、私共が扱っている商品は鹿や猪を捕獲したり、羊やカンガルーは輸入、馬を屠殺するところから始まり、皮剥ぎ、各部位に切り分け、そこから食用とペット用に分類され各商品になります。ですから経済動物(牛、豚)と違い、次から次とスーパーに並ぶお肉とは違い常に商品の在庫があるとは限りません。顧客数も増える一方で全ての条件を満たし、応えていくのが難しくなってきているのも事実です。ハンターや工場スタッフ、私共も最大限の努力をしておりますので遅延に関するご理解とご協力をお願い致します。

ご連絡メール