馬肉+イン

馬肉イン>>エゾ鹿21 店舗紹介

お申込

倶楽部馬肉会員の手続きはこちら

倶楽部馬肉ショッピング

倶楽部馬肉会員専用ショッピング

一般ショッピング

倶楽部馬肉会員以外の方はこちら

リンク集

店舗紹介

当店は野生のエゾ鹿をペット用に加工して販売しているドッグフードの専門店です。
犬
ショップ
ドッグフードの鹿肉専門店 エゾ鹿21
店 長
北村 美和
住 所
〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通1-2-20 9F
URL
TEL
メール対応となります
FAX
078-855-5452
mail
開業
2010年2月3日
定 休
土日祝日 GW 年末年始
営業時間
10:00〜17:00
取扱商品

・鹿 ダブルインパクト

・鹿 オーガンズMIX

・鹿肉 チャンク

・鹿肉ジャーキー

・鹿ハツ

・鹿レバー

・鹿ラング

・鹿アキレス

・ドッグ用石鹸

・各種サプリメント

自己紹介
鹿肉

野生の鹿肉は馬肉と成分が共通する点が非常に多く似ています。まず馬肉と同じく体温が高く寄生虫や雑菌がつきにくいので清浄肉だといわれています。
そして鹿の肉は、とっても脂肪の少ない赤身肉です。カロリーは馬肉と同じ110kcal/100gと低く、共役リノール酸(CLA)をはじめ多価不飽和脂肪酸に優れています。そのほか鹿肉にはアミノ酸やミネラルバランスに優れおり、亜鉛や鉄分が豊富(多いといわれる羊の約1.5倍、牡蠣と同等)で、更に特記すべきことは青魚に多く含まれているDHAが含まれています。
是非一度ドライフードから馬肉や鹿肉に切り替えて与えてみて下さい。


何故ペットにエゾ鹿を勧めるかご説明します。

何故私どもが生食を勧めるのかといいますと、現在販売されているペットフードには多くの問題があるからです。それはたとえ缶詰でさえも同じことがいえます。例えばカラギーナン(増粘安定剤)やエリソルビン酸Na(酸化防止剤)※別名イソアスコルビン酸、亜硝酸Na(発色剤)※別名亜硝酸ソーダに塩化ナトリウム(食塩)などの合成添加物が含まれています。しかもペットフードにおいては、添加物の表示は任意となっているのです。こんな曖昧な逃げ口実があってもいいのでしょうか?
このように危険な原料(添加物)を一切使用していないドッグフード、つまり完全無添加の加工されたフードというのは存在しないのです。
大切なペットは家族同然です。その家族はあなたが守るしか道は残されていないのです。
ご連絡メール