ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

脳皮症

犬が痒がっていたら膿皮症かも・・。

夏バテ防止&水分補給

犬は汗腺がないので舌を出し、唾液を蒸散させながら体の温度を下げます。犬の体温
は約38℃ですが、41℃を超える高熱になると多臓器機能障害(食欲低下、痙攣や嘔吐)を発症してしまい取り返しのつかないことになります。そこで当店からのご提案!

ここが涼しい・・・。

暑い季節は人間も水分の補給が大切ですが、ペットの水分対策も忘れてはいけません。特に普段ドライフードをそのまま与えている飼い主さんは要注意です。「後から水を飲ますから大丈夫!」ですって?
そこがそもそも大きな誤りがあります。そもそも市販のドライフードの水分量は約10%以下とかなり少ないのです。激安のドライフードだけを与えているワンちゃんは当然水分不足となってしまいます。そういう犬に限って水を飲みたがりません。尿の色が濃かったり臭いが強かったりした場合は、完全に水分不足です。基本は水分が70%、固形分が30%です。その理想が「生肉」なのです。話は逸れてしまいましたが、その水分不足の状態で室温の高い部屋や気温の高い日中に散歩に連れて行くと犬は汗をかくことが出来ないので体温が一気に上昇してしまいます。犬の体温は37〜38度ですが、これ以上にならないように必死に舌を出して熱を放射しているのです。犬は体温の上昇につけてだんだん食欲もなくなってきます。つい先日も飛行機に預けたチワワが熱中症で亡くなる事故がありましたね?飛行時間はほんの1時間だったのに到着した時はひっくり返った状態だったそうです。意識は少しあったものの、瞳孔が開いており、舌も変色していました。
飼い主さんは慌てて水を急いで飲ませましたが、痙攣を繰り返すだけで息を吹き返すことはありませんでした。
そのときの体温は47℃以上だったのです。たった1時間の間に10℃くらい上がってしまいました。

そこで私どもはそうした事故が起きないようとっておきの、「夏バテ&水分補給」の食事をご紹介したいと思います。まずはご用意していただく物があります。といいましても@鍋AなまらスープB生肉だけです。
特になまらスープは水分だけではなく栄養もたっぷり含まれています。鍋に解凍したスープを入れ加熱します。同様鹿肉も解凍しておいて下さい。沸騰するくらい熱して熱いうちにお肉にたっぷり掛けて下さい。その熱で表面が蒸した(煮た)状態になります。この時、肉に熱が加わったことでまならいい匂いになるのですねー。
これには元気のないワンちゃんでも鼻をピクピクして近寄ってきます。そして少し冷ましてから与えてみて下さい。これなら生肉に抵抗のある飼い主さんも与えることが出来ると思います。やけどにはご注意下さい。

次に大型犬には与える量の問題もあると思います。小型犬なら少しの量でいいのですが大型犬になるとそういう訳にはいきません。また、全部馬肉や鹿肉を使うと家計にも響きます。(汗)そこで私は白菜を勧めています。なまらスープと一緒に白菜も煮て下さい。そして柔らかくなった白菜&スープを同じように肉に掛けて与えて下さい。何故、白菜なのかといいますと茹でた白菜でもビタミンKが134%、ビタミンCが10%も含まれています。
ビタミンKにはカルシウムが骨に沈着するのを助ける働きや脂肪の吸収を妨げる効果があります。
このため、老犬の骨粗しょう症など予防に役立つと考えられます。因みにビタミンKは少し多めに摂取しても犬への害はないといわれています。そういう意味では茹でた白菜は理想的な食材といえるかもしれません。
ご飯や芋類を混ぜることはあまりお勧めはしません。

ご連絡メール