ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ

馬肉イン>>ボーンプレミアム

お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

犬は何故骨が好きなの?

犬が骨を好きなことは皆さんもよく知っていると思います。
よく骨を咥えて穴を掘り隠す様子を漫画等でも目にしたことがあると思います。
犬は元々野生でしたから馬や鹿を獲って食べたあと次の獲物までそうして食いつなぐ、あるいは他の動物に食べられないように食べ残しを隠しておいて、後で食べたのです。

こうした隠す(貯蔵)行為は、大量の食べ物をむさぼっていた野生時代の名残であると考えられています。
家でもカーペットの中に食べ物、おもちゃなどを隠している犬もいると思います。
オオカミが祖先といわれている犬は元々、草食動物を食べていましたが、一番最初に内蔵から食べるのです。
内臓を食べることで草などの繊維質、ビタミンが補えれるからです。
そして次に骨を噛み砕いて髄を食べます。

いくら飼いならされたとはいえ、オオカミのDNAを持っている以上、犬は生肉や骨をこうして好みます。
特に骨に対して何か思い入れがあるかのように大事に咥えてどこかに持っていったり、土に埋めて隠してしまいます。
後から骨の髄をしみじみと味わうのですね。

肉だけではカルシウムが少ないため、肉食だけではカルシウム不足になることも分かっているのでしょうね。
犬はそうして骨を食べるのです。教えなくてもちゃんと本能で分かっているのです。

ところがなかなか骨を買い与えることが難しい場合もあります。
そこで当店はアバラの骨をミキサーに掛けて骨と髄液を一緒にミンチにしました。
これであれば小型犬も安心して与えることが出来ます。

馬のアバラ骨をミンチにする 脊髄も入っている

カットソーで切ったアバラ骨を粗く砕きます。

この時点ではまだ骨が確認できます。

今度は細かくミンチ状にする ボーンプレミアム

次にもっと細かくミンチ状にします。

まるで肉と思うような仕上がりです。

生の骨は与え方にいろいろと条件があります。まず老犬や小型犬には固すぎる場合があるからです。
それと焼いて与えると逆に固くなり、鋭い破片となって、口の中を切ったり消化器官を傷つけたりすることがあります。

かといって歯石予防のガムや洗浄用のジェルなどが販売されていますが、添加物入りが多いので犬にとってよくありません。
そこで今回業界初といえる丸ごと骨のボーンプレミアムをカルシウムの補給に是非お試し下さい。

ご連絡メール