ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ

馬肉イン>>ドライから馬肉

お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

ドライから馬肉へ

馬肉へ切替え

ドライから馬肉への切り替えの注意点

ドライフードなどから、馬肉に急に切り替えると、下痢になってしまうことがあります。

それは、それまでのフードの消化吸収に適応していた腸器官内のバクテリアや消化方法が馬肉に適合しないことによります。このようなことを防ぐためには、1週間前後の期間を掛けて徐々に生食の割合を増やし切り替えていくことをお薦めします。あまり酷い下痢を起こしてしまったときは、獣医に相談するか1〜2日間絶食させてみて下さい。

そして、食餌の量を少なめにして様子を見ながら、1週間くらい掛けて通常の食餌量に戻します。

ドライフードの切り替えの際起こる下痢は一過性のものですから、その後は切り替えによる下痢ではありません。深刻な原因による下痢症状は、通常の下痢の時と犬の様子が全く違い、ぐったりしてしまいます。

また、断食を可哀想と思う方も多いのですが、代謝が活性化するため下痢のときだけでなく、1〜2ヶ月に1度くらいは意図的に断食させるのも一つの健康法です。

馬肉を食べない場合

馬肉の与え方

それまでのドライフードの味に慣れていて、馬肉をすぐに食べない犬もいます。
一般的にペットフードメーカーの優先課題は、犬や猫たちの食いつきが重要課題なのでそれに合う味付け、嗜好性を高めるように作っています。
簡単にいいますと、人間のインスタント食品と同じ考え方です。大量生産、大量消費させないと企業にとって死活問題になるのです。
しかし、我々はそれが本当の食いつき、とは思っていません。
その証拠に一度馬肉を食べだすとドライフードを与えたとしても以前のような食いつきはしないからです。

試しに一度どっちに食いつくか両方与えてみて下さい。

しかし、最初どうしても食べない場合は以下のことを実践してみて下さい。

  1. 食餌の時間を5〜10分間と決めて下さい。
  2. 食べても食べなくても時間が過ぎたら、食器を下げて下さい。

このことを3日でも4日でも続けて下さい。
この間健康について心配することはありません。

一件乱暴のように感じるかも知れませんが、犬や猫たちを健全に飼育するためには、擬人化した自己満足的な溺愛状態は、反って動物たちを苦しめる結果になることもあるのです。

どうしてもこのような方法が無理な方は、お肉を少し焼いた肉にしてから徐々にレアから生に近づけていく方法もあります。(この場合、食物酵素は48℃の加温によりすべて死滅してしましますのでご理解下さい。)

無理して食べさせなくてもいい、という方もいますがこれから先は飼い主さんの選択に委ねるしかありません。

ご連絡メール