ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

三銃士

新価格のご案内につきまして

犬

日頃より、当店をご愛顧いただきまして誠にありがとう御座います。さて、大変心苦しいのではありますが、2013年10月1日より別紙製品につきまして一部商品を新価格とさせていただくことと相成りました。こちらから

生産者側の通達による値上げにより、従来の販売価格を経営努力だけでは上昇分を吸収できない事態となりました。つきましては、誠に申し訳ないとは存じますが、何卒価格改定の事情をご賢察の上、ご了承いただけますよう衷心よりお願い申し上げます。尚、9月30日までは現在表示しています価格でご提供致します。

新価格表(2013年10月1日より)

 

旧価格

新価格

新価格(会員)

国産馬肉プレミアム

1,180円

1,230円

990円

なまらスープ

400円

450円

400円

ジャーキーチップ

600円

620円

520円

ラングドライ

600円

620円

520円

ハツドライ

600円

620円

520円

レバードライ

600円

620円

520円

ホーフドライ

600円

620円

520円

※当然のことながら今月末までにプレミアムやジャーキー類が安いうちに買っておこう、ということになろうかと思われます。それはそれで問題は御座いませんのでお早めにご注文をお願い致します。
この春、円安による輸入価格上昇で各社値上げが次々と行われています。
実際、私どももカンガルー肉やジャーキー・オランダ産ヤギミルにセブ産Salamat・トンガ産HAKAは海外の原料を直接輸入して製品化しています。だからといって乳製品やガソリン、小麦粉のように輸入品なら全て値上げする、ということには至りません。
逆に国産なら値上げはないだろう、というそうとも限りません。原油が上がると火力発電に切替えた結果、そのため電気代が上がり、プロパンガスの原料は石油ですのでガス代も上がるのです。何とか利益を圧縮して他の製品が上がらないように必死で食い止めていますが、今後の消費税問題によっては全体的に値上がりが余儀なくされてしまう時がくるかもしれません。
当店はその対策としても次の新しい食材の研究や生産に至るまでを努力していきたいと思っています。

 尚、10月29日以降の「馬肉の日」の価格におきましては、会員価格を採用致しますのでご了承願います。

馬肉の日の新価格表(2013年10月29日より)

 

プレミアム

スープ

ジャーキー

ラング

ハツ

レバー

ホーフ

旧価格

1,180円

350円

500円

500円

500円

500円

500円

新価格

990円

400円

520円

520円

520円

520円

520円

国産馬プレミアムについて、プレミアムのサブタイトルは“切り落とし” ですが、これにつきましてよく骨の剥き身ですか?というお問い合わせをいただきますが、そうではありません。また、品質が他の部位と見劣りしているのか?というとそれも違います。グランプやダブルインパクトを作る原料と何ら変わりはありません。
ただ、より骨や内臓に近い場所にある、ということなのです。その関係で若干、筋が入り込んでいますがむしろワンちゃんにとっては美味しい部位なのです。なまらスープに関しましては、鹿を解体した際の骨を長時間煮込んだものですが、かといってそのまま寸胴に放り込んでいるのではありません。
骨を一つ一つ丁寧に洗い比較的若い鹿の骨を選んでいるのです。その手間に関して私、個人的にその評価して工場に申し出たものです。分かりやすくいえば工賃(手間代)がいままで余りにも安すぎた、ということです。如何せん、他のショップにはない商品なので比較したり、参考になる価格の設定が当初は曖昧だったと犬反省しています。特に毎月29日の馬肉の日は普段の購入と違い、当日まで確認することが出来ない可能性がありますので金額が変わっていることで驚かれるかも知れませんのでご注意願います。

 

ご連絡メール