ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

国産ワカサギの製造風景

北海道ワカサギ

犬には生肉!と論じてきた我々に衝撃を与えたワカサギを直接水産会社から大量に買い付け、弊社指定工場で洗浄〜乾燥、袋詰めまでを行いました。そのことにより日本で一番安いペット用ワカサギおやつとしてご提供できるようになりました。そして当店では皆様に安心してご購入出来ますようワカサギを製造している様子を画像とテキストでご紹介致します。
ワカサギといいましてもどれも同じ品質とは限らないと思います。加工方法によってもさまざまな仕上がりになるのではないでしょうか?工場では何度もテストを繰り返し一番ペストな状態で製品化に成功しました。

ワカサギ荷姿

新鮮なワカサギが指定工場に運ばれてきました。とても美味しそうな中〜大型を選別しました。
当然食用として流通しているワカサギですから安心・安全ですね。

ワカサギ解凍

袋から取り出し、ザルに移しながら目視によるチェックを行います。工場長より「質・大きさ」ともに良好というお墨付きをもらい一匹残らず次の工程へ。

食塩水殺菌

新鮮で綺麗なワカサギですが念のためここでは低塩水でよく洗います。そして滑りなどを取り除きます。そして少し漬け込むことで殺菌効果にもなります。

水洗い

ここがまず重要なポイントです。
知床の地下水でよく洗います。
この地下水を使うことが他社とは一味違う「旨み」の原点といえるのではないでしょうか。

セイロ並べ

塩分も全て洗い流し、ミネラルタップリの地下水を取込んだ後は、十分に水切りを行います。
そしてステンレス製のセイロ網に間隔を空けて並べます。

乾燥工程前

次に低温乾燥を行います。これは魚の組成を変えないように24度〜40度程度の温度で温める乾燥方法をいいます。急激な縮みを極力抑えるために中心部ななめ

乾燥工程

の水分を乾燥させてやることが大切です。こうして低温乾燥を10時間行った後に80度で殺菌を行います。これは温熱機を使ってプログラム乾燥運転を行います。

並べ

殺菌を行った後は最終工程の常温による送風作業を2時間行います。これで余熱を取り、ワカサギ本来の味が凝縮します。そしてもう一度目視検査を行いま ななめ

乾燥したワカサギ

す。この工程で作ったワカサギは驚くほど匂いが沸き立ち、とても美味しそうです。他のワカサギとは一味違います。まずはワンちゃんが黙っていないでしょう。(笑)

ワカサギ
ご連絡メール