ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

土は生きている

野菜を作ってくれる土、どれも同じように見えますが化学肥料や農薬を使っている土と有機物が豊富な土ではまるで別物なのです。健康的な土はミミズや微生物が有機物を解体し、タンパク質や繊維質、糖、アミノ酸を分解します。そして野菜作りに良い条件のフカフカした土を作ります。更にバクテリアの働きで腐植が作られ炭酸ガスやアンモニア、硝酸塩、リン酸などの無機物に変換され野菜の根から吸収しやすくなります。
根の菌根菌は、養分を供給するばかりでなく、有害な菌から守る役割をします。こうして野菜と微生物は共生しているのです。正に“土は生きている”のです。と同時に我々も犬の体も微生物で成り立っているのです。

【 キャベツ 】

キャベツは農薬を沢山使用している野菜、ということをご存じですか?多い農家さんで30回、少なくても20回くらい農薬を撒き、化学肥料を使用しています。何故ならそうしなければ青々したキャベツにならないからです。スーパーで販売されている綺麗なキャベツほど農薬が使われていると理解して下さい。
Vegetable Enzymeで使用しているキャベツは有機農法で育ててもらったキャベツを使用しています。そのキャベツは虫に食われ外側の葉は穴だらけですし、大きく育ちません。ですからキャベツに青虫がいたら、それは安全な証拠と理解して下さい。即ち見栄えだけで購入している消費者より虫の方が賢い、といえます。(笑)

市販のキャベツ 有機のキャベツ

【 ニンジン 】

緑黄色野菜に多く含まれる栄養素でベータカロチンや体内脂質の過酸化を抑制する抗酸化剤として注目されています。しかし、市販のニンジンにはアブラムシやセンチュウを殺す殺虫剤だけでも20種類以上、黒葉枯病や斑点病、苗立枯病、軟腐病などの対策に殺菌剤を14種類も使っています。これらは薬剤と植物油を混ぜて作っていますので水洗いでは落ちません。薬剤が皮の中に少しずつ浸透していくように作られています。
ベータカロチンは皮のすぐ下の組織に含まれているので当店は有機栽培のニンジンを皮ごと使用しています。
有機ニンジンは濃く、香り高くビタミンAや鉄、カルシウム、食物繊維などもバランスよく摂取出来ます。

市販のニンジン 有機のニンジン

【 ジャガイモ 】

ジャガイモは降雨が続くと葉に病斑が拡大し、カビが発生します。やがてイモの表面は暗色、内部は褐色に腐敗します。そのためダコニール、フロンサイド、ペンコゼブ、ライメイ、ランマン、リドミルMZ等の農薬を散布します。その他にもアブラムシ対策として数多くの殺虫剤を使用しています。それに対して有機のジャガイモは豊富なビタミンC、食物繊維が豊富でみずみずしく、皮まで柔らかいので皮ごと使用しています。
澱粉質が多いので穀類に近いのでは?というご意見もありますが、生食として主に副食用とする草本作物であれば野菜であると判断しています。従いましてジャガイモはビタミン類が豊富な野菜として採用しています。

市販のジャガイモ 有機のジャガイモ

【 ダイコン 】

ダイコンも病気が多く、わっか症・べと病・白さび病・黒斑細菌病や白斑病・炭そ病の他に軟腐病などが発症します。そのため20種類近くの殺菌剤が栽培時に使われています。ダイコンは色が白く純粋な野菜のイメージですが、実際は残留基準値を超える農薬が検出されたとして回収命令の農家や販売者が後を絶ちません。
スーパーの葉っぱ付きダイコンの葉っぱは食べてはいけません。それに対して有機農法で育てたダイコンの形は不揃いで小さめですが、消化酵素ジアスターゼが豊富に含まれています。また、大根の皮には実の2倍の栄養素が含まれているといいます。ですからVegetable Enzymeは皮もお召し上がりいただけます。

市販のダイコン 有機のダイコン

チンゲンサイ・トマト・小松菜・カボチャはこちらのページ!

ご連絡メール