ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

犬に年齢別フード!?

日本のペットフード

ホームセンターやペットショップで売られているドッグフード。
中には「ブリーダー推奨」とか「獣医推薦」という物々しい商品まであります。
しかし、その方々は作っている製造段階は全く知らないと思います。
もし、知っていたらきっと推薦はしないでしょう。

みなさんはご存知ですよね?
日本のペットフードは、飼料安全法や食品衛生法については勿論対象外。飼料としても食品としても扱われていないのですね。
もっと簡単にいえば、市販のペットフードにどのようなものを入れようが(例えば肉骨粉や4Dミートなど)それを規制したり取締る法律がないのです。
ラベルの表示も規定がないので言わば書き放題、といったところでしょうか。
ペットフードに関しては、農林水産省において担当部署すら定まっていないのです。

そこに来てもっと驚くのが、年齢(ステージ)別のフードがあるということです。
幼児期は栄養も配慮され、パピー用フードとしても理解できますが本来自然界では離乳以後、同じものを食べているはずです。
それなのに何故年齢別に、しかも過剰といえるほど各段階に分けたドッグフードがあると思いますか?

これは、皆さんがペットフード業界の思惑に踊らされているからなのです。
以前、ペットフードには大きく分けて幼児期用と全年齢用との2種類でした。
ところが、ペットフード業界の競争のためにこのように多くの種類を作り、飼い主の気を引くために考え出された販売戦略なのです。

まるでアイテムが増え続ける化粧品業界と同じですね。(笑)

年齢別を作ったからといって、中身がまったく違うというわけではありません。
ただほんの少し配合分量を変えて作られているだけなのです。
本来は同じでよいものを、何故年齢別と分けて販売するのでしょうか?
あなたは、年齢別ドッグフードを買っていませんか?ペットフードメーカーに騙されていませんか?

馬肉イン 定期購入システム

まだある、と思ったら馬肉がなーい!買い置きもスペースがなーい、という方に定期購入をお勧めします。

ご連絡メール