ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

カンガルーミート ベガ

カンガルー

馬肉、エゾ鹿肉、丹波鹿肉に引き続きカンガルー肉を販売致します。
販売といいましても正確には再販になります。以前もカンガルー肉を取扱いしたことがありますが、輸送コストなどの問題で取り止めていました。今回は輸送方法を変更したことで扱いしやすくなったこととエゾ鹿肉の入荷でご迷惑をお掛けしていることもあり、販売に踏み切った次第です。では何故、カンガルー肉なのか?というご質問に関してお答え致しますと、オーストラリア政府はフクロオオカミと犬とオオカミの中間のディンゴを徹底的に駆除したためオオカミは1936年に絶滅し 、野生のディンゴもほぼ絶滅の危惧に瀕しています。それまではオオカミもディンゴという野生犬もカンガルーなどを襲って生活をしていました。その結果、天敵がいなくなったこともあり、爆発的に増え、今やオーストラリに飼育されている牛の数より増え、人的や農作物の被害が発生し、深刻な問題となっています。我々がもつカンガルーのイメージとは違いオーストラリアのスーパーマーケットでは食用やペット用として普通の肉と同じように売られています。そういう社会性を背景に基づいている訳で決して密猟(笑)やビジネスのために捕獲したものではありませんのでご安心下さい。

カンガルー肉

カンガルー肉の大きな特徴としては鹿同様、自然界に生息していますので抗生物質や抗菌剤、防腐剤を配合された人工の餌を人間の手によって与えられているのではない、ということです。
その他にタンパク質が豊富なことは勿論のこと、脂肪分が約2%と魚より少ないのでダイエットを目指しているワンちゃんやシニア犬には利用価値が高いという点です。それに皆さんから問い合わせがある放射能問題です。当店の馬肉及び鹿肉は放射能検査を行っていて検出はしていませんのでご安心してお使いになっていいのですがカンガルー肉に関していえば全くといっていいほど放射能の心配はありませんので気になさるのならカンガルーミート ベガをおススメ致します。カンガルーミートは文句のつけようがないのですが、唯一どうしても避けられない問題として輸送コストが上げられます。前回と比べて価格が下がったといえどうしても空輸便で輸入していますのでその分価格に反映してしますがどうぞご理解の程、宜しくお願い致します。

カンガルーミートベガ グランプリ+納豆菌

近年、オーストラリアに異変が生じています。カンガルーの天敵だったフクロオオカミが絶滅し、ディンゴも絶滅に危惧している今、カンガルーが無尽蔵に増えてその被害が甚大になっているのです。
そこで政府は作物や牧草、人を守るために大型種のみ駆除し始めたのです。今では豪州のスーパーでカンガルー肉が食用として普通に売られています。カンガルー肉はタンパク質が豊富で脂肪分が魚より少ないのでダイエットを目指しているワンちゃんにはおススメしたい食材です。またリノール酸(CLA)が他の肉に比べて多いのが特徴です。
それに各種内臓、そして化石貝のカルシウムを含め合計7種類の部位を配合しました。腸内の善玉微生物の活動を旺盛にする納豆菌芽胞が注目されています。それは納豆菌を眠らせた状態で胃や腸に届け、胃酸に壊されることなく腸の中で活躍することが出来ます。
納豆菌は乳酸菌の何倍もの速さで腐敗菌を殺し、消化機能と栄養が同時に摂れ、愛犬の成長を促したり、また老化を遅らせ、スタミナを増進したり、胃腸の弱い子に役立つと思います。1袋が100g入りと便利です。

ご連絡メール