ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

カルシウム配合 地鶏bo

貝化石堆積層から採取される「ニシキ貝」の中に約2,000万年以上も生き続けているのです。ですから地球上最古の原始生物といえると思います。しかも細菌でもウイルスでもない別の生命体でDNAの前駆物質といわれています。ソマチットはとても小さく、約80ナノメートルです。1ミリの1/1000が1ミクロンで、1ミクロンの1/1000分の1が1ナノメートルです。赤球血の直径が8ミクロンでソマチットはその1/100です。

そのソマチットは現代ソマチットと古代ソマチットに分かれます。
そして現代ソマチットは動植物の中や野菜、果物、土中、水中、海中にも存在しています。それに対して古代ソマチットは2,500年前もの貝化石(カミオニシキ貝)の休眠状態から元気に出てきて動き回るのですから不思議です。更に興味深いことは現代ソマチットより古代ソマチット方がより強力で元気な生命体と確認されている点です。
最も古い発見によりますと、6,000万年前の哺乳動物が初めて地球上に現れた新生代第三紀の石灰岩中にもその存在を発見しているのです。ソマチットが無ければ生命は存在すらし得ないということになります。

例えば、白ウサギの血液中からソマチットだけを取り出し、黒ウサギに注入しますと体毛を白く変色させてしまいます。
同様に黒ウサギから取り出したソマチットを白ウサギに投与しますと白ウサギの体毛は黒く変化します。即ちソマチットはDNAすら修復してまう奇跡の微生物なのです。この奇跡のような微粉末を地鶏ミンチに数
%(企業秘密・笑)を配合して低温でジックリ20時間乾燥した後、更に1日陰干して旨味と栄養とそしてソマチッを閉じ込めた特別なおやつに仕上げました。ではどうしてササミにこの化石カルシウムを配合したのか
?という疑問が浮かんでくるかと思われます。実はこれにはちゃんとした理由が隠されているのです。鶏のササミには脂肪分が少なくヘルシーな反面、微細な栄養が不足するのです。まずいえるのがミネラルが少ないということです。特にカルシウムや食物繊維が不足してしまいます。
ですからササミをより多く与える場合、特に犬にはカルシウムが含む食品を配合しなければなりません。カルシウムを含む代表的な食品といいますと桜エビやプロセスチーズ、しらす干し等が上げられますが、材料としましてはやや高価になり毎日続けるのは経済的にも入手をするのも容易ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国産地鶏ササミの栄養成分について(100gあたり)

エネルギー

105kcal

カリウム

420mg

0.2mg

タンパク質

23g

リン

220mg

亜鉛

0.6mg

脂質

0.8g

ビタミンB1

0.09mg

マンガン

0.01mg

炭水化物

0g

ビタミンB2

0.11mg

0.03mg

カルシウム

3mg

ビタミンB6

0.6mg

ナイアシン

11.8mg

マグネシウム

31mg

ビタミンC

2mg

パントテン酸

3.08mg

ナトリウム

33mg

ビタミンE

0.2mg

コレステロール

67mg

ご連絡メール