ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

新鹿肉グランプリとアメージング

日頃より馬肉イン並びにグループネットストアをご利用いただき厚く御礼を申し上げます。月日が経つのは早いもので当店も開店して丸12年が経過しました。これも偏にご依頼下さるお客様、各代理店様、そしてサポートして下さる方々のお蔭です。今後もより 一層精進して参りますので何卒宜しくお願い申し上げます。 さて、発売以来大変ご好評をいただいておりますエゾ鹿肉グランプリとアメージングのご注文が大変ご注文が混み合っております、を通り越えてここ数か月の間、欠品が続き入荷まで1〜2ヶ月待ちの状態が続いております。全体の受注量も月を追う毎に増え、生産も追いつかない状況の一方で他県の工場や処理場などに製造の依頼を継続して行ってきました。その中で2工場が名乗りを上げていただき、まずはアメージングから委託製造として引受けていただくことになりました。
そこで私は製造していただく際にこれまでのグランプリやアメージングではなく、更に改良等を加えこれまで以上に栄養価や吸収、消化性が高いより良い商品にしよう、ということを考えました。
今回の改良点の中で最も重要になるのが骨の主成分である『カルシウム』です。グランプリ、アメージングの配合比率までは詳しくお伝え出来ませんが、大まかに@鹿肉A内臓B骨で形成しています。
新・アメージングで改良を加えるカルシウム、所謂「骨」ですがこれまではエゾ鹿の軟骨をハンマー
で細かく叩き割り、混ぜていました。これは動物性カルシウムになりますが、更に摂取源として野菜と化石のカルシウムを配合することにしました。野菜から代表して選んだのは「サトウダイコン」です。

サトウダイコンを天然発酵させて作った無添加、無着色の乳酸カルシウムです。リン酸カルシウム(卵殻・魚骨粉等)より水溶性に優れています。既に実証済みで水100cc 25℃の水に対して

骨粉のカルシウムは2.5mgしか溶けませんが、乳酸カルシウムは9.6 mgと大きく差があります。又、骨粉のカルシウムは摂りすぎると便秘を起こすことから乳酸カルシウムが最も理想といえるでしょう。

次に配合したのは今から2,500年前という長い年月を掛けて自然の力で風化・結晶したニシキ貝の「化石」です。この化石は97%という高純度の炭酸カルシウムであることが分かっています。

しかも風化カルシウムはアラゴナイトといいまして通常の貝殻と比べて約6倍水に溶け易い性質を持っています。ほとんどの貝カルシウム原料は生体成分(タンパク質など)除去のため焼成していますが、風化貝カルシウムは、焼成する必要がない天然のカルシウムで『カルシウムの王様』といわれています。

このようにこれまではエゾ鹿肉、内臓、鹿骨だけでしたがそれに野菜・化石のカルシウムを新たに加えました。しかも三種類のカルシウムは消化しやすいように特殊の機械で微粉末にしました。

これだけではありません。3種類のカルシウムだけではなくこれにセブ産の自生種「モリンガ」原末を配合しました。自生モリンガは現在地球上で発見されている可植物中、最も抗酸化物質値が高

いと多くの学者や専門家から高く評価されています。新しくなるアメージングは鹿肉、内臓、3種類のカル
  シウムにモリンガが加わることで最強フードとして生まれ変わります。乞うご期待下さい。By 店長

今までの工場から新しい工場に変わることで原料輸送や製造のコストがどうしてもアップしてしまいます。というより今までの工場では自社で捕獲してそれを加工していましたので安い価格で卸してもらえたのです。もしこの体制に切替えなければ値上げは現段階におきましては御座いませんが、ご注文が増える一方で常時品切れの状態が続き、お届けが更に遅れてしまうことになります。今の現状を変える意味で1日でも早くお届けするためにはどうしても大量に製造出来る工場に委ねるしか方法が御座いません。
それならば他社が影も踏めないような最高の鹿商品を開発しようということでカルシウムの改良や自生モリンガを加えたという次第です。ですから今までのアメージングとは別物というようにご理解をしていただければ分かりやすいと思います。そこで大変恐縮ですが1kg当たり400円程度の値上げさせていただきたくお願い申し上げます。ただ現状としましてはまだこれまでの工場に発注している分が未納ですのでそれが入荷し、完売後からの製造及び販売となります。尚、同内容の小分け品であるエゾ鹿グランプリにつきましても8月1日より新・グランプリとして発売致します。これまでも「もっと鹿を捕獲して価格を抑えて欲しい。」という意見もありましたが、あくまでも有害鳥獣駆除の範囲で行うためご理解とご協力をお願い致します。

ご連絡メール