ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

あなたのワンちゃんはアレルギーじゃないですか?

犬のアレルギー

いまや、アレルギー(花粉症やアトピー)は人間だけではなく犬の世界でもアレルギーが急増しています。その原因分かりますか?
発表によりますと日本全国で約1,000万頭の犬が飼われていますが、その3頭に1頭は何らかのアレルギーを持っているといわれています。
これは、室内犬が増えエアコンで室内が異常に乾燥し、アレルギー反応を起こす可能性のある物質(花粉、塵埃、カビ)や合成シャンプーで洗う回数が増えたため、皮膚がダメージを受けやすくなっているといわれています。

または人間社会と同様、現代のワンちゃんにもストレスがあるみとも要因の一つかもしれません。しかし、私はそれが直接の原因とは思っていません。

最も疑わしい成分は、食でありドライフードだと思っています。食べ物に対して敏感に反応する食物アレルギーのワンちゃんなのではないでしょうか?

特に『牛肉、乳製品、卵、魚、トウモロコシ、大豆、小麦、および防腐剤』です。
これらの素材はペットフードでごく一般的に使われている素材ですから驚かれたと思います。

ドッグフード(特にドライフード)の製造状況は皆さん知っていますか?

ドライフード

現在日本にペットフードを製造しているラインは7つしかありません。
ではその工場で安全な素材でドッグフード作っていると思いますか?

実際は多くが原材料を海外から輸入し、日本で最終工程を行い、『国内産』と謳って販売をしています。

そしてもっとも怖いことにその工場や製造についてほとんど見学をさせてもらえません。

というより見せれません!といった方が正しいのかもしれません。見せれない病気の動物や廃棄処分した肉を使っているケースが多いからです。

次に犬種は本来、肉食です。
オオカミや犬が押麦やもちきび、ソバ、とうもろこし、大根、ごぼう、シソ、卵等を食べていたと思います?それがいまアレルギーの原因になっているのです。
即ち人間が食べている物を与えた結果といえるでしょう。

もう一点はフードに使われているさまざまな添加物です。よくドライフードで無添加、無着色という表示を見かけますが全くの嘘です。何も加えないでそれぞれの素材(原材料)が固まって粒になり形状を保つと思いますか?
着色はしていなくても酸化防止剤や防腐剤、賦形剤、香料等など沢山含まれています。

例え天然素材を使ってもどんな肉を使っているかほとんど記述もありません。主原料を「国産の魚と米」で作って食物アレルギーに配慮しています。と書いてあっても小麦やトウモロコシ、大豆、牛肉、防腐剤等を含んでいます。

それらは全て表示する義務もなければ問題が発生しても何ら罰則すらありません。書き放題、入れ放題、肉は何でも使い放題が現状です。

食物アレルギーに配慮したフードを与えよう!

国内産素材であろうとオーガニックであろうとドライフードは加工品です。生食には敵いません。
アレルギーになって抗生物質を打たれ、薬漬けになる前にまずは食から見直しましょう。

まずは一度当店の国産馬肉を与えてみて下さい。
食べ方が、喜び方が違います。

ご連絡メール