ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

国産馬アキレス超SP 中〜大型犬or超〜小型犬

国産馬アキレス

当店でワンちゃんのおやつで一番人気といえばテールドライトこのアキレスです。今まで馬のアキレスはエゾ鹿アキレスと違って1種類のみの取り扱いでした。ですから飼主さんもどれくらいの大きさ、あるいは太さのアキレスなのかご注文に躊躇したと思いますし、我々もそのワンちゃんが大型犬なのかポケットドッグと呼ばれている超小型犬なのか分からないまま中〜小の大きさをミックスして袋詰めを工場に依頼していました。それは今更、気付いたのではなく(笑)発売当初から感じていたのですが如何せん馬のアキレスは構造が大変複雑でしてバサッと切って乾燥できる代物ではないのです。コラーゲンを主成分とする結合組織である腱の回りにコラーゲン線維が取り囲んでいるのです。所謂、外基質といいまして二重構造のようになっていましてそれを輪切りに切って乾燥していたので大きさがマチマチになったり、どちらともつかない大きさになっていました。そこで8月1日より当社の基準を設定しまして 20cm以上を中型〜大型犬、20cm以下のアキレスの長さを超小型〜小型犬用と定め、それに沿った商品作りを行いました。
20cm以上といますと最大長さが40cm越えもあります。今までですと与えて振り向いたらもう一口で丸呑み、ということがあったと思いますがこれからは長めを購入することで解消できると思いますし、ワンちゃんも喜ぶと思います。そこで更に親切にいえば小型犬に近い中型犬と大型犬でもポニーより大きな犬もいます。

ショート

そこでご注文時の際に【備考】欄に長め、ですとか少し細め、10cm以下などご希望が御座いましたら記載をお願いします。
なるべくそれに見合ったアキレスをお届け致します。但し、同じサイズをいくつも取り置きは出来ませんし、お客様からの希望を予測して製造は不可能ですので思ったアキレスが届かない場合もありますが、20cm以上も以下は分けます。【備考】欄に記載のない場合はこちらで判断して発送致します。まぁ、サイズに関してはこれくらいにして一番大事なことは内容量と製造方法です。当然長くなればなるほど1本の重量は重くなりますから本数が減ってしまいます。そこで中〜大型犬用は1袋120g入りとしました。その分、価格がアップしますが満足感タップリです。超〜小型犬用は従来通り80g入りとなっています。そして製造方法も変えました。アキレスはコラーゲン(膠原線維)、エラスチン(弾性線維)、プロテオグリカン、糖蛋白質から構成されています。生の状態では水分が約60〜70%を占め、乾燥後はコラーゲンが約70%を占めるようになります。馬のアキレスは鹿と比べて大きいため乾燥方法は難しく乾燥時間が長いと赤茶けてカチカチになり旨さに掛けます。しかし、その反対に少しでも短いと表面は乾燥していても中に水分が残っているとカビてしまいます。かといって防腐剤や保存料を添加する訳にはいきません。
何度も試行錯誤を繰り返して赤茶けないよう且つ美味しさを保つ製法を取得しました。特にロングタイプの完成度は飼主さんもワンちゃんも納得するでしょう。但し、120gに満たない場合、どうしても1本の重量が重いため調整するために短いアキレスが入りますのでご了承下さい。大型のワンちゃんなら一飲みかもしれませんが。

犬

ペットのおやつはアキレスに関わらず少ししか入っていないのに高い!と思った方は少なくないと思います。その中でもアキレスは一際高いと思います。
アキレスが高い理由の一つにどんな立派な体格をした馬だろうが前足2本後ろ足2本しかない、ということです。若干の腱の長さの違いはあっても数が限られるということです。次に乾燥することで水分が蒸発し、縮み軽くなります。
よく歩留りといういい方をしますがこれは生産された全ての製品に対して、損出を引いた製品の割合のことをいいます。おやつに関していえばその損出というところが水分であったりします。そうしたことから生の状態(乾燥前)の重さから結局、1/4縮むことになります。分かりやすくいえば80gの乾燥アキレスを作るためには300g以上の生アキレスが必要となるのです。同様他のおやつも理屈は同じで例えば1kgのジャーキーを作るためには4kgの鹿肉や馬肉がいることになるのです。それに加えて形や大きさに合わせてカットしたり、乾燥するための機械、電気代が加算されるのです。

ご連絡メール